« 小さなしあわせ | トップページ | みどりの小人さんが »

2011年5月22日 (日)

みどりの風

Img_4827

一日早い誕生日を、家族がお祝いしてくれました。幸せなことでございます。happy01

明日が、○○才本番で~す。

私は、風かおる5月に生まれたことを、とてもうれしく思っています。生まれてから故郷を離れるまで、豊かな自然の四季にかこまれて育ちました。そして、自然と深く関わって遊びました。

そんな中で5月というのは、春になって芽吹いた若芽が一斉に、翼を広げていくように緑一色になる。草花も可愛らしく花開き、よもぎ、わらび、いたどり、ぜんまい、山椒など山菜も豊か。とりわけ、思い出深く残っているのは、母とよもぎを摘みよもぎのお団子を作って食べたこと。朝採りの筍の皮に梅干を包み、水を入れて梅干ジュースを飲んだこと。各家庭によって違う梅干ジュースの味を、友だちと分け合ったものです。

食べ物の思い出は、いつまでも鮮明に残っているのですが、思い出の中で5月はいつも、みどりの風が吹いていました。

母が生きていたら、「私が生まれた日の様子や両親の思いを聴いてみたかったな~」と思います。それは、残念ながらかないませんでしたが、自分が親になった時に母が生きていてくれたらと、切なくて涙したことをおぼえています。私の人生において、最大の悔やまれることは、幼少期に母親と死別したことです。本当につらい別れでした。

私は、今、すこぶる元気。ふと、「自分は死なないのではないかしら」と思うことさえあるくらい。友人に話したら笑われてしまいましたけど。happy01

これから、まだまだやりたいことがたくさんあるしね・・。

これってあまりに欲張りすぎでしょうか。

|

« 小さなしあわせ | トップページ | みどりの小人さんが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541597/51743946

この記事へのトラックバック一覧です: みどりの風:

« 小さなしあわせ | トップページ | みどりの小人さんが »