« ふしぎ寝つき法 | トップページ | こぶし咲く »

2011年4月13日 (水)

はるの詩

Img_4599                               山桜

Img_4614

はる  谷川俊太郎

   

   はなをこえて しろいくもが

   くもをこえて  ふかいそらが

   はなをこえ  くもをこえ  そらをこえ

   わたしは いつまでものぼってゆける

   はるのひととき

   わたしはかみさまと  しずかにはなしをした

我が家を訪ねてきてくれたM君の好きな詩です。

花や雲や空を越えて、精神や感情や魂もが、もっともっと高いところへいつまでも登っていける。

そこには神様がいらっしゃり、言葉のない話をした。言葉はなくても神様は、自分のことを

なんでもわかってくださっている。

M君が、このように受けとめている「はる」という詩です。

おしゃべりをしていて、M君の喜び、悲しみ、つらさ、別れなどに思いをめぐらせると胸があつくなりました。

M君は、心がきれいで素直、人に感謝する心をもった礼儀正しい青年です。

|

« ふしぎ寝つき法 | トップページ | こぶし咲く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541597/51381587

この記事へのトラックバック一覧です: はるの詩:

« ふしぎ寝つき法 | トップページ | こぶし咲く »