« 孫のほんね | トップページ | はるの詩 »

2011年4月12日 (火)

ふしぎ寝つき法

happy01Img_4536               からすのえんどう

寝つきはいい方ですか?

私は、基本的には良いほうです。でも、翌日の待ち受け内容によってはなかなか寝つくことが出来なくて、しんどい思いをすることがあります。

例えば、保育園現役の頃、明日が早番勤務の前夜などは、「寝坊は出来ない。早く寝なければ」と思えば思うほど眠れなくなって、数時間が経ってしまう事もしばしばで、本当に苦痛でした。

この状況って、ほんと、つらいですよね。ギューと目を閉じて身体が緊張して。

ところが、最近すごくいい寝つき法を考えついたのですよ。

それは、消灯してふとんに入ったら、暗い部屋で逆に目を開けているのです。消灯した部屋と言っても真っ暗ではなく、外からの明かりなどでぼんやり部屋の中は見えるはずです。

そこで、目を開けて一点を見つめる。しばらく経つと暗闇の中で目が疲れるというか、まぶたが重たくなってきて、いつの間にか上まぶたが下まぶたにくっついてしまいます。

そして、ついには眠りの国へ誘われている、と言ったふうに。

不思議と眠ってしまいます。朝になって、「あれっ、ゆうべは何時の間に寝入ったかしら」となります。

目を閉じて、寝よう寝ようと思えば思うほど眠れない。ならば目を開けて、無理に寝ようしなくていい。起きていればいいと思えば不思議と眠れる。気持ちの流れの反対を試みることで、逆にリラックスできるのでしょうか。

ほんと、この方法で最近は楽に寝つけるようになりました。

寝つきのよくない方、ぜひお試しになってみてください。効果ばつぐ~んです。happy01

|

« 孫のほんね | トップページ | はるの詩 »

コメント

リラックスできるのですね。
一点を見つめることに集中すると、邪念が浮かばないということでしょうか?
ありがとうございます。
試してみますね。

投稿: ジョセフィーヌ | 2011年4月12日 (火) 23時46分

ジョセフィーヌさん

ぜひ、お試しくださいね。
私には効果大です。

投稿: | 2011年4月13日 (水) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541597/51373474

この記事へのトラックバック一覧です: ふしぎ寝つき法:

« 孫のほんね | トップページ | はるの詩 »