« 覚えていますよ | トップページ | 田中好子さん逝去 「さようなら」は悲しすぎ »

2011年4月27日 (水)

Iさんご夫妻とわさび

Img_4712               友人宅

029                 わさび田

036

中伊豆筏場(いかだば)で山葵(わさび)を栽培している友人Iさんご夫妻は、いつも温かく迎えてくださいます。

お宅の坂を上って「こんにちわ」と、玄関を開けると「は~い」と明るくはずんだ声と、満面の笑みに迎えられ、ホッとしてまるで実家に帰ったような気持ちになります。

実家もなくなり両親もいない私にとって、うれしい里帰りのように。

時の経つのを忘れて、一年ぶりの積もる話に花が咲きました。花が咲いた?そう、まるで桜の花がパッと咲いて、パッと散ったような数時間でした。ちょっと、オーバーかな。happy01

人の優しさや温かさにふれるのは、本当にうれしくて心が癒されますね。Iさんご夫妻にふれていると、私も「こうでなくちゃ」と思わされるのです。

雨が降っていたので、残念ながら山葵田に行くことは出来ませんでした。

日よけ用に田んぼの中に植えられた木(写真、何の木だったかな)も若葉をつけて、周りの山々は萌黄色一色に染まり、天城山からの心が洗われるような清流。山葵田は今、一番きれいな季節を迎えているようです。

山葵田の中での仕事はつらい時もあるけれど、手を休めて周囲をながめ、空を見ると「自然を一人締め」と、感性豊かにおっしゃった御主人。

なんとぜいたくな自然とのふれ合い、豊かな心のありようでしょうか。

そうゆう時間が作れる環境にいらっしゃるIさんご夫妻が、うらやましい!

私もあやかりたい!と、思わせるのも春のせいかしら?・・ね~。

(追) 以前、「わさび田の仕事、手伝いに来ようか」といったら、「無理。足手まといになるだけ」と、奥さん。そのとおり!!!誠に見事で率直な偽りのないお言葉に参りました。(大笑) 

|

« 覚えていますよ | トップページ | 田中好子さん逝去 「さようなら」は悲しすぎ »

コメント

ご立派な佇まいのお屋敷ですね!
気持ちの良いお家に住んでいと、そのお家の方まで気持ちよく感じるので、不思議です。
家は人を育てるというのは本当のようですね。

投稿: ジョセフィーヌ | 2011年4月27日 (水) 15時21分

ジョセフィーヌさん

コメントありがとうございます。
家は人を育てる。同感です。

投稿: | 2011年4月28日 (木) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541597/51507735

この記事へのトラックバック一覧です: Iさんご夫妻とわさび:

« 覚えていますよ | トップページ | 田中好子さん逝去 「さようなら」は悲しすぎ »