« 男の子は坊主刈り、女の子はおぼこ刈り | トップページ | 記念樹 »

2011年1月15日 (土)

クリスマスには楽しい夢を

Img_4066

施設の子ども達の楽しみは、クリスマス会や誕生会、季節のイベント。夏には盆踊りもやったかな~。確かなことは忘却のかなたへ・・。なにしろ、40数年前ですからね~。

クリスマスには、いろいろな団体などからプレゼントが届いて子ども達が一番輝く笑顔をみせるささやかな幸せの時。そして、保育士にとっても幸せなひと時です。

クリスマス会を行ったその日の夜に、夜勤で部屋を見回って布団をなおしてあげていると、「サンタさ~ん、ありがとう」と寝言を言っていた子もいました。ホロホロ・・・・

よほど、楽しい夢をみていたのでしょう。

中には、実のおやからプレゼントが贈られてくる子もいるのですが、そうでない子の深層ではどんなことを感じ、考えていたのか計り知れないものがありました。

日常においても、親から手紙が届いたり面会に来る子、まったくない子、それぞれでした。

親との交流が全くない子の思いとその姿は、今でも心に焼き付いて時々思い出します。

小学5年生のK君もその内の一人でした。普段はいたずらをして、施設長や総活保母の怖~いおばあさん先生に怒られたり、追いかけられてもすばやく逃げ切り、アッケラカーンとして、夕方になるとテレビを見るのを楽しみにしていました。当時放送していた鉄腕アトムや何とかのヒーローものをみては、アトムやヒーローになりきって、主題曲を歌いまくっていました。生きるたくましさを持っていたK君には、もう脱帽!でした。

そんなK君の、親と面会したり外出をする友だちの姿には寂しさを隠しきれずに、そっと遠くから肩を落として見ていた姿。

しっかり覚えています。

K君、施設を出て社会人になってからも、きっとたくましく生きているのでしょう。

|

« 男の子は坊主刈り、女の子はおぼこ刈り | トップページ | 記念樹 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541597/50587615

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスには楽しい夢を:

« 男の子は坊主刈り、女の子はおぼこ刈り | トップページ | 記念樹 »