« 映画をみて | トップページ | ライダーからの嬉しいメール »

2009年10月 6日 (火)

北海道の末っ子ちゃん

沈丁花の香りに秋の深まりを感じるこの頃ですね。

風にのって香りが・・・「どこ?」と辺りを見回して沈丁花をみつける。いつものパターンに、沈丁花って明るさや華やかさもなく地味な花だな~と思います。

でも、香りで存在感を知らしめるな~んてすごい得意技ですね~。

用事があって北海道帯広に住む知人に電話をしました。相手の「もしもし」よりも真っ先に耳に飛び込んできたのは子どもの泣き声。それも、思いっきり激しい泣き方です。

どうやら三人姉妹の末っ子(5才)らしい。おやおや、どうしたのかしら?

「もう、強くてやんちゃで泣き虫で・・こまりますぅ~。」と、お母さん。

「意思はっきり、子どもらしく、嫌な時は泣く、その泣き方、アハハ、わかりやすくていいじゃない!」

「そうか、そういう見方をすればいいんですね。」と納得の母。「ところで泣きは長引く?」

「いいえ、すぐにケロッとするんですよ。」「いいじゃない!かわいい!」

こんな会話をしている間に泣き声は消えて静かになりました。なるほど、確かに立ち直りが早い!なっとく!!

大泣きのあと、何食わぬ顔でお姉ちゃんと遊んでいる末っ子ちゃんを想像して楽しくなりました。

喜怒哀楽を素でだせる子どもって、つくづく幸せだなーと思います。

北海道の大地でのびのび、おおらかに育っている三人の姉妹ちゃん、また、会いましょう。

用事の電話とは、ジャガイモが届いたお礼でした。届いたじゃがいもは”インカのめざめ”

という中が濃い黄色のお芋。すご~~っくおいしい!!のですよ。

非常に勢力の強い台風18号情報がさかんに流れています。

嵐の前の静けさ・・・かすかに虫の音がきこえます。

P9282592   

|

« 映画をみて | トップページ | ライダーからの嬉しいメール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の末っ子ちゃん:

« 映画をみて | トップページ | ライダーからの嬉しいメール »