« 熱海よりはじめまして | トップページ | あーしたてんきになーれ。 »

2009年6月15日 (月)

ジャカランダの咲く頃に

今、熱海では世界三大花木のジャカランダが見頃です。私の友人で東京在住のN さんは、毎年ジャカランダが咲くと熱海に来られます。三十代で亡くなられた美しいお嬢さんとスペインへ旅行された時、見上げると教会の周りがこの花の淡いうす紫ブルーに染まり、真っ青な空に映えていたそうです。

二人で見上げた思い出がお嬢さんの大好きだったジャカランダとともに、今でも鮮やかによみがえってこられるのでしょうね。この話を伺って、単に「きれいっsign01」と感動していたジャカランダの花は、私の視界にあでやかでありながらも、はかなげに映るようになりました。

Nさん、今年は雨上がりに散っていた房状の花をたくさん拾って、押し花にされたとお聞きしました。人にはそれぞれ花にまつわる思い出がありますよね。そこで私も、母と私を結びつける忘れられない花は?sign02・・と一生懸命思い出してみました。

すると、花より団子ではありませんが、桑の実やいちじく、よもぎ(だんご)やざくろ、なつめ、みょうがの葉包みだんご等、食べ物との深いかかわりが花よりも先にいきいきと思い出されるのです。(食いしん坊ばんざいsign01) 食べ物の少なかった時代、自然の恵みは本当に嬉しいプレゼントpresentでした。

熱海の地に住んでいて、今は手に入りにくいこのような懐かしい季節の自然の恵みを、今でもさがし求める私がいるのですが、これはやっぱり、幼い頃と大人になった今のつながりがこんな一面にもあったのかなと、ジャカランダの淡い紫ブルーから感じていきました。どうやらNさんとのロマンチック格差は大きいようです。coldsweats01熱海にいらっしゃいませんかtrain ジャカランダの咲く頃に・・・。

0009

|

« 熱海よりはじめまして | トップページ | あーしたてんきになーれ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱海よりはじめまして | トップページ | あーしたてんきになーれ。 »